資料集

2013/9/17 23時~累積


リンク

○障害のある児童生徒の教材の充実に関する検討会 平成25年7月5日(第3回) の資料2:検討事項関連記述の整理http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/100/shiryo/attach/1339434.htm

学校教育法施行令の一部改正について(通知) 2013/09/01

学校教育法施行令の一部を改正する政令 要綱 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1339338.htm

施行令の新旧対照表
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2013/10/17/1339465_02.pdf

  縦書きのPDFファイルで書かれた対照表をエクセルにコピーしたものがtaisho.xls
   (誤記があるかも知れませんので、最終的には文科省の資料を確認のこと) 

「障害のある児童生徒の就学について(通知)」(平成14年5月27日付け14文科初第291号)は廃止され、次の通知が出されました。
○障害のある児童生徒等に対する早期からの一貫した支援について(通知)2013/10/4
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1340331.htm


○特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議(第21回) 配付資料 平成22年2月24日 資料2参考資料  (PDF:1361KB) 

○「障害のある児童生徒等の就学手続の改正」についてのパブリックコメントの結果(まとめ) http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000103755 (2013年9月9日)

〇教育支援資料  紙資料のコピー 教育支援資料(頁番号付)(全頁) 196 MB 非常に重いのでダウンロードに時間が掛かります。
     「教育支援資料」の文部科学省の正式のホームページの「教育支援資料」
         (16分冊で、残念ながら頁数が付いていませんが、鮮明です)基本は、これを覧ください。

○平成28年度 全国学力・学習状況調査の学力成績から偏差値を求めました。要点だけをまとめました。
  全国平均が5%の範囲で狭い分布をしているのは、文科省もグラフを出していますが、偏差値にして比較すると、各県の平均値は余り差が無いことが分かります。(各都道府県、テスト毎の値のPDFファイルのリストはここ、同じもののエクセルの数値はこちら

〇平成29年度の全国学力・学習状況調査の学力成績から偏差値を求めました。だいたい平成28年度と同じで、偏差値から見て、都道府県の平均値については、ほぼ差が無いと言えるでしょう(都道府県ごとの平均値を偏差値にしたエクセルの表はここ

○障害者の権利に関する条約 第1回日本政府報告 抜粋 (日本語仮訳:正文は英語) 2016年6月
  この文書の24条教育に関する記述で「合理的配慮」はただ一か所のみ。他は、それぞれに支援とか援助と書かれている点も
  注目されます。私的には、第8条関係で教育のことが書かれていない点が恥ずかしいところです。

文献

○久田信行 2009 盲唖学校の成立と山尾庸三 ―吉田松陰の思想と時代背景― 群馬大学教育実践研究, 第 26号,89~100 頁.

〇久田信行 2014 盲唖学校の成立と山尾庸三(補遺) 群馬大学教育実践研究,第31号,117-126頁.


○久田信行 2011 国際生活機能分類(ICF)の基本的概念と評価の考え方 ―「生活機能」と「潜在能力」を中心に― 群馬大学教育実践研究,第28号,179~191頁.